車買取 大分市

大分市で”誰でも簡単に車を高く売る方法とは?

 

大分県の地図

 

 

私は福岡県で生まれ育ち、仕事の関係で7年ほど大分市にいました。

 

しかし、昨年、急遽東京へ上京することがきまり、を手放すことに。

 

たまたま近所に大手買取専門店があったので、そこへ愛のボクシーを持ち込むと「40万円」と査定されました。
ここで気づいたのですが、40万円って本当に適切な金額なのか? という疑問です。

 

親友の”スーサン”に相談

 

高校のときから付き合いがある”スーサン”というマニアに、このことを話したら、

 

買取店にそのまま持ち込むなんて、珍しいね」と言われました。

 

ディーラー・買取店ともに1店舗のためライバル店不在で比較できず、たとえば相場が70万円のを「45万円でお引き取りします」と言われても大抵の人は、相場をしらないためそのまま契約してしまいます。

 

ですが、もしここで他店の査定士が登場して「ウチは70万円で引き取りますよ!」と言われたらどうでしょうか?

 

ネットの一括見積サイトを利用

 

大分の女性

 

を高く売る方法は大分市内の複数の業者同士、競ってもらうことです。

 

競争してもらうことで、買取額がグンッをアップをし、われわれ自動オーナーは最高値の業者へ売却するだけのため、難しい知識も不要になります。

 

とはいえ、愛をあちこちの買取店へ持ち込むのは面倒ですよね?

 

そこでスーサンが教えてくれたのは”愛の一括見積サイト”です。

 

たった数分の入力で、一括して見積請求でき、しかも無料で利用できます。

 

地方 VS 都会

 

疑問に思う人

 

と、ここまでは良い話ばかりですが・・・大分市に住む我々が普通に”一括見積サイト”を利用しても、高く売れない可能性があります。

 

「え? どうして?」

 

理由は・・・買取専門店自体が都会と比べて少ないためです(汗)

 

そこでスーサンは面白い”裏ワザ”を教えてくれました。

 

裏ワザとは・・・”一括見積サイトも複数利用すること”

 

  1. かんたん査定ガイド(A店、B店、C店)
  2. カーセンサー(D店、E店、F店)
  3. 楽天オート(G店、H店、I店)

 

一括見積サイトは”複数”存在し、サイトごとに加盟している買取店に特色があります。

 

たとえばかんたん査定ガイドは大手系買取が多く、カーセンサーは大分市内の地元系買取が多く加盟しています。

 

上記3つのサイトを登録することによって、買取店の少なさをカバーし、競争規模をより大きくできるわけです。

 

 

スーサン”厳選!”の3つの一括見積サイト

 

車買取に喜ぶ人

 

@かんたん査定ガイド ⇒ Aカーセンサー ⇒ B楽天オート

 

の順がベストです。

 

ちなみに3つの登録しても6分ほどです。

 

私はこの方法で55万円でボクシーを売却できました!
お店に持ち込んだ時は40万円だったため、15万円!も高く売れ非常に満足しております。

 

あなたも”愛の最高値”を一緒にたたき出してみませんか?

 

 

※登録はすべて無料のためご安心ください。

 

かんたん査定ガイド(※完全無料)

 

かんたん車査定ガイド

 

≪特徴≫

 

@超高速の32秒! 他を圧倒する簡単入力
A愛買取概算価格がスグわかる
Bパソコンやスマホ初心者に優しい入力設計

 

 

http://a-satei.com/

 

 

カーセンサー(※完全無料)

 

カーセンサー

 

≪特徴≫

 

@リクルートが運営する総合自動情報サイト
A地元密着店に強い【※地元愛が強い方は必ず!】
B事故も受付OK!

 

 

http://carsensor.net/

 


 

楽天オート(※完全無料)

 

楽天オート

 

≪特徴≫

 

@売却で楽天ポイント付与!
A大手ショッピングモール楽天が運営
B初心者にやさしい

 

 

http://rakuten.co.jp/

 


 

コラム:大分県の観光名所をご紹介

 

大分市を観光拠点として別府市および湯布院町近郊の県中央エリアと、宇佐、中津、豊後高田市近郊の県北エリアにかけてが、特に自然を生かした多くの観光スポットがあります。

 

そして、県南エリアでは臼杵、佐伯市近郊、県西エリアとして日田、竹田市方面と大きく分けることが出来ます。

 

県央、県北エリアの観光名所は、

 

マリーンパレス水族館「うみたまご」から、ニホンザルの群れが見れる「高崎山自然動物園」、九州自然動物公園「アフリカンサファリ」、鶴見岳の「別府ロープウエイ」からは、別府、大分市が一望できます。

 

その麓では、別府の温泉を生かした国指定名勝「地獄めぐり(7か所めぐる)」があり、温泉と地形を生かした観光地があります。別府市や湯布院町は温泉街としても見どころも多く、
特にレジャー施設では、別府ラクテンチ、サンリオキャラクターパークハーモニーランド、城島高原パークなどが有名です。そこから一転、県北へ向かうと、
全国八幡宮の総本山「宇佐神宮」から、「中津城」、「福澤諭吉旧居、福澤記念館」、「富貴寺」、「熊野磨崖仏」といった、文化遺産や史跡が点在し、豊後高田市の昭和30年代を今に残した佇まいの街並みも有名な観光名所となっています。

 

 

 

よくある車買取Q&A

 

大分の女性が車査定で悩む

 

車買取と下取りの違い

 

車買取と下取りでは、どちらも車を引き取ってくれるというところは同じですが、システム的には全く違うものです。

 

一番大きな違いは、車買取の場合は現金を得ることができますが、下取りの場合は新車などを購入するときに通常の割引よりも下取りの車の分多少割り引いてもらうことができるというところです。

 

価格があまり高くなくても、代わりに装備品をサービスしてもらえる可能性もあります。

 

車買取のケースでは、中古車店での取り扱いにより、例えば年式であったりナビなどの装備によって価格交渉をすることができます。

 

また古くても人気車種ならば高価買取をしてもらう可能性もあります。いくつかの店舗で査定してもらって値段交渉をするといった方法をとることもできるので、高額で車買取してもらえる可能性もあります。

 

一方で下取りの場合はほぼ下取り価格というのが決められてしまっているので、価格交渉があまりできません。

 

ただ車買取の場合は、時期や人気によって価格が変動しやすいので、タイミングを逃すと下取りよりも安い価格になってしまう可能性もあります。

 

車を手放す場合には、車買取と下取りでどちらがお得になるのかも比較して検討してみるとよいでしょう。

 

 

車検前?車検後?車査定に出すならどっちがお得?

 

売却する自動車がある場合、業者が行っている車査定をしてもらう必要がありますが、
車査定をするならば、出来るだけ高く買取をしてもらいたいと思うでしょう。

 

車の状態がよいことや、走行距離があまり多くないこと、そして事故などを起こしていないことが重要になります。

 

さらに、人気のある車種であれば高く売れる要素は満載ということが出来ます。
ですが、車種が残っている場合の扱いが気になる人も多いでしょう。

 

車検前で車検があまり残っていない場合と、車検後で車種が2年残っている場合では、査定額に違いがあるか問題になります。

 

普通自動車や軽自動車であれば、車種が残っていたとしても買取価格には反映されにくいことが多いです。

 

つまり、車検が2ヶ月ぐらいしか残っていない場合でも、車検に通したばかりでまだ2年間車検が残っている場合でもそれほど金額の違いがあるわけではありません。

 

なぜなら、中古車の販売店に置いておくうちに車検の期間が短くなってしまうこともあるからです。そうだとすれば、車検に通してから査定を行うのではなく、車種前に査定を行うほうがお得になります。

 

ただし、例外的にすぐに売れてしまう人気車種や、車検時に支払う重量税の高い高級車は車検後であれば、車検の分の金額が上乗せされます。

 

 

一括査定@メリット・デメリットを解説

 

一括査定の最大のメリットは複数業者の査定価格をまとめて調査ができることです。車買取で大事なのは業者の比較であり、それによって高く売れるところを見付けることができます。

 

手間が掛かる作業のために敬遠されがちな面もありますが、ところが一括査定ならその手間が簡略化できるのです。

 

しかも業者同士が競い合いながら査定価格も提示してくれますから、通常よりも高価格に期待ができるという良さまであります。

 

一方のデメリットは電話連絡への対応に苦労しやすいことです。一括査定から申し込みをすると、すぐに加盟している業者にも連絡がいきます。

 

そうすると他の業者よりも早く買取をしたいと考える業者から続々と連絡が入ってくるのです。その際の連絡内容と言えば、査定価格及び出張査定の予約についてであり、各業者とも同じようなやりとりをしなければいけません。

 

 

そしてもしそれぞれに実車の査定を依頼する場合、スケジュール調整もしなければいけません。査定時には出張をして来てくれるとは言え、
時間を合わせてスタンバイをしている必要があります。中には売りたくない業者も出てくると思われますが、何度もキャンセルの旨も伝えなければいけないという煩わしさも出てくるのです。

 

 

自動車の寿命は何年くらい?

 

自動車の寿命はどれぐらいか気になる人は多いものですが、消耗品の交換をしっかりしていれば相当長く乗ることができます。

 

一般的には10年10万キロで寿命を迎えると言われますが、10年以上走っている車は山ほどありますし、距離にしてもタクシーのような商業車は短期間で何十万キロと走ることができますから、結局のところはメンテナンス次第でいくらでも乗り続けることができるのです。

 

 

問題はそれだけお金をかける価値があるのかという部分であり、メンテナンスさえしていればいくらでも乗り続けることが出きると言っても、
メンテナンスに何十万円や百万円といった大きな金額がかかるようになった時に、修理をするよりも買い替えたほうが良いと判断するケースは少なくありません。

 

つまり、一般人にとって自動車の寿命というのはメンテナンスにかかるお金が大きくなってきたというタイミングであり、これが10年10万キロ前後ということになります。

 

このぐらいの時期になると経年劣化や走行による消耗によって消耗品の交換にまとまったお金がかかるようになるので、それだったら買い替えてしまおうということになるため、費用対効果の面で見て寿命と言える時期になるのです

 

 

車買取!よくあるトラブルをご紹介

車を買い替える時、これまで乗っていた愛車を売りに出すことになりますよね。

 

この時に注意しなくてはいけないのが、車買取に関連するトラブルです。これは買取契約前も契約後も両方でよく発生します。

 

まず車買取契約前によくあるトラブルが見積り時の料金です。無料で見積額を提示してくれるところもかなり多いですが、
見積りが優良なところも少なからずあるので、トラブルを避けるためにも事前に確認をしておいた方が無難です。

 

契約成立を急ぎ過ぎることがトラブルを招くこともよくあります。買取業者は早く契約をまとめるために車をすぐに売るように勧めますし、
ドライバー側も自分の車の中古市場価格が下落しないうちになるべく早く売ってしまいたいと思うからです。やっぱり今売らなければよかったと後悔しないように、複数の買取業者に査定してもらってから決断しても遅くはないですよ。

 

契約後のトラブルとしてよくあるのが、査定ではじき出された金額よりも減額されるというケースです。

 

これは、契約が成立した後に再び査定した時に、依然見落としていた傷などが発見されて減額対象となります。

 

手続きのミスで入金が遅れることもあるので、業者と連絡をこまめにとったり、もしもの為に一筆書いてもらっておくと安心できますね。

 

 

車売却時に必要な書類一覧とは?

車売却にはさまざまな書類を準備する必要があります。

 

書類準備の他にも、自動車保険の解約・変更手続き(車両入れ替え)なども忘れずに行っておかないと、万が一の時に大変困ることになります。

 

車売却の手続きがスムーズに進むように事前に必要書類や手続きの方法を調べ、早めに用意しておきましょう。

 

車売却の第一歩は、愛車の査定です。その時に必要なものは「自動車検査証(車検証)」「自賠責保険証書」の2つとなります。

 

査定が完了し実際に車売却が決定した場合は、
車両の名義変更手続きも必要となりますので上記2つに加えて「本年度分の自動車税納税証明書(もしくは軽自動車税納税証明書)」「印鑑登録証明書(発行より3ヶ月以内のもの)」「譲渡証明書」「リサイクル券」「委任状」「実印」などを用意します。

 

その車を所有している間に1回引越しをしている人は住民票、2回の場合は住民票の除票も必要となりますので注意が必要です。

 

リサイクル券とは、自動車リサイクル法に基づき新車で購入する時点ですでに支払っている料金の証明書となります。

 

車売却時には、次の所有者となる人からリサイクル料金相当額を受け取ることができます。もし紛失した場合には自動車リサイクルシステムホームページで預託状況を印刷することで代替できます。

 

 

 

 

 

 

TOPへ